One Hundred Club

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日、目黒雅叙園にて、学研最優秀指導者の会(One Hundred Club)の集まりがありました。

学研の代表によるご挨拶のあと、会員数全国トップの指導者の基調講演、グループディスカッション、懇親会と盛りだくさんな内容でした。

全国の最優秀指導者が一同に会するとあって、そのパワーといったら凄まじい(笑)
本当に超濃厚な一日でした。

それぞれの地域性があるので、地方の先生方のやり方が東京ではあまりフィットしないものもありますが・・・
そういう細かいことはともかく、やっぱり今は個性の時代なんだなあ・・・と改めて感じました。

優秀な先生方は個性的な方が多く、そのパワー、熱気、半端ないです!

百貨店や総合スーパーが伸び悩み、「○○は□□で買う」という専門店での買い物が主流となっているように、フランチャイズの学習塾であっても、それそれの指導者の目指すもの、個性、熱意が本当に経営の重要なポイントになっているんだなぁと実感しました。

元経産省の岸先生が以前TVでこれからは「オタクとヤンキーが成功する時代」とおっしゃっていましたが、

オタク=ひとつのことをとことん突き詰める
ヤンキー=ふつう人がやらないことを思い切ってやってしまう

これ、2つとも、今回の会に参加された指導者には当てはまるような気がします。

結構、みなさん自分のこだわりが強いし、自分で教室建てちゃうとか、毎日複数の教室を高速使って車で移動とか・・・
ふつうあまりやらないですよね(笑)

まあ、私も結構オタクですし、あんまり人がやらないこともやってみますし、いろいろ自分のこだわりが強いですけどね(笑)

記念品として粋なものをいただきました。

これ、本じゃないですよ!右上に注目!

「特別ふろく号」かわら(せんべい)版

そう、瓦せんべいなんです(笑)

なかなかしゃれてますよね~
アシスタントに配りたいと思います!(^^)!

裏面もこんな感じ。非常に懐かしいです💛

もうひとつはクリスタルガラス製の盾☆彡

重厚感もあり、名前入り💛

「教室の目立つところにぜひ飾ってください」とのことでしたが、幼児・低学年が圧倒的に多い当教室
入り口に置いてある教室くんのぬいぐるみも時々パンチをくらったり、お迎えの未就園児さんたちのおもちゃになっているので、ちょっと恐ろしくて飾れません。

個人面談や教室カフェの際に、お披露目したいと思います。

来年もこの会に参加できるよう、日々一生懸命、そして楽しく教室運営していきたいと思います(⌒∇⌒)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です