幼児向け知育アプリ~モノイズ~

こんにちは!ものすごく久しぶりの投稿となってしまいました(;^ω^)
年度末のバタバタも一段落し、ちょっとホッとしています(o^―^o)

最近、私の義理の両親が、スマホに乗り換えました!
最初はチンプンカンプンだったようですが、今ではLINEも使えるようになり、親子三代のLINEグループで、日々の画像や会話を楽しめるまでになりました!
80代でLINE!すごい時代ですね!!

スマホやタブレットはもはや若い世代の者ではなく、1歳ぐらいの乳幼児から戦前生まれの高齢者にまで普及したということですよね。

私も仕事で、お迎え待ちの幼児さんや、面談に乳幼児の方を連れて来られた場合、保護者の方とゆっくりお話するため、お子さまを飽きさせない手段としてタブレットは非常に重宝しています。

最近は無料アプリも「これで無料??」と思えるようなクオリティの高さで、驚きの連続@@

そんな中、今日は私が特に気に入っている、幼児向け知育アプリをいくつかご紹介したいと思います。
モノイズ(monois)というメーカーのアプリが個人的に大好きなので、全部モノイズ製です(笑)

 

◆1つめは「わくわく車ランド」

指でなぞるだけで道ができたり、車が走ったり、タップすると標識がでてきたり・・・
とにかく1歳の子でも楽しめる。
下にご兄弟のいらっしゃる親御さんたちに、画期的なアプリです。
お父様がかなり本気で楽しんでいる光景も(笑)

幼児向けなのに、なぜか高学年男子もお気に入り。なんでも頭使ったあと、ちょっとやるとリフレッシュできるとか。

 

◆2つ目は「ピタゴラン」

自分で作った道に、あれこれ装置をつけて、ドミノ倒しをやるシュミレーションゲーム。

発想や予測する力がつくし、とにかく楽しい。
モノイズのアプリ全体に言えることですが、色味がキレイなんですよね~
ドイツのおもちゃっぽい色合いがいい。

こちらも小学生も学習後の短時間リフレッシュに大人気。(特に男子)

 

◆3つ目は「折り紙ちょきちょき」

折り紙を折って切って開くというシュミレーション。

四つ折り、八つ折りだけでなく、12個折りもあるのがなかなかいい。(実際の折り紙では難しいので)
開いた時の形を想像する力がつくし、学研の「ちえ」の発展版のような感じでなかなかいいです。

最後にできた形が雪のように降ってきたり、花火のようになったりするアニメも癒されるし、背景の色を変えられたり、色も美しい。

 

幼児向け知育アプリは五万とあるけど、このモノイズのアプりは、なんというか、芸術性もあって、創造的で・・・

💛ものすごく私の好みです💛

 

オフラインで動くのも魅力的。
オフラインなら広告も出ないから、あちこち別の画面に飛ぶこともないし、安全ですよね~

 

モノイスさん、ぜひこれからもステキなアプリを創ってほしいと思います(^_-)-☆