使い方おたすけガイド作成中!

発音おたすけボード・・・実用新案の番号が特許庁からまだきていないので、公には発売しておりませんが、仕事仲間のお友だち等、すでにお買い上げいただいております。みなさま、お買い上げありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

・・・で、たくさんの方々(主に英語指導者・日本語指導者)から、「かき方のガイドブックがほしい」という声をいただきましたので、ただいま「発音おたすけガイド」作成中!
とりあえず、まずは一番ニーズが多いであろう「英語用」からです。(日本語用も作る予定ですよ)
これを作るにあたり、「TESOL」の資格を持っているイギリス人の友人に英語のプライベートレッスンしてもらいました(久しぶり♪)
TESOLとはTeachers of English to Speakers of Other Languagesの略称で、文字通り「英語が母国語でない人たちへの英語の教授法」のことです。

http://www.jt-network.com/yousei_tesol.htm

日本語教師420時間養成講座の英語版だな(笑)

日本語の発音指導も、420時間養成講座で音声学とか習わないと、外国人にうまく教えられないのと同様、英語の発音指導もやっぱりTESOLとか受けてないとうまく教えられないんだろうな・・・
通常の英会話のレッスンなんかとは比べ物にならないほど、充実した内容でした!
まさに↑のおたすけガイド作成のための「おたすけレッスン」(笑)

今まで知らなかった新しい発見もいっぱいありましたよ!

彼が “car” とか “brother” の最後の/r/を発音しないので、それって最後に /r/ 入らない?って聞いたら、
「British English と American English の発音の最大の違いって何だかわかる?」と聞かれ、
「え~?Canを”キャン”っていうか”カン”って言うとか?」「eitherの発音とか??」
と、中学時代の英語の授業で習ったようなことを言ったら・・・
「違う違う。一番の違いは、アメリカ英語では最後のrを舌巻いて/r/の発音入れるけど、イギリス英語は入れないで/a:/って伸ばしっぱなしだってこと。」
と言われ・・・

全然知らなかった!!!

そういうわけで、彼に教えてもらったことや彼にもらった資料、webの発音サイトなどを参考に、ただいま発音おたすけガイド作成中です。

オフセット印刷に出すので、版下はすべて最初からアドビーのイラストレーターで作成。
最初は難しかったけど、イラレもずいぶん慣れてきました↑

このガイドブックができたら、本格的に販売します。(もちろんガイドブック付きで(^_-)-☆)

日本語教師からは「日本語用も早く作ってぇ~!」と言われているので・・・
英語用ができたら、すぐ日本語用の作成に取りかかりますよ!
ほんとは中国語用もあるといいよね?

・・・といろいろ夢は広がりますが(笑)

コスト削減のためには、できることはすべて自力でやりたいので、もうしばらくお待ちください・・・m(__)m

HPはリアル画像が一番!

夏の特別教室に向けて、学研の自作HPを更新しました。
夏のメインはなんといっても♥幼児タイム♥

今まであまり個人の顔がはっきりわからないものや、写真を加工して目隠したりしたものを載せていましたが・・・

最近、180度方針を変えました!

はっきり、おおきく、たくさん、リアル画像を載せることにしています。
もちろん、生徒さんや保護者の方には一応了解をとっていますよ。
承諾してくださらない方は一人もいらっしゃいません。むしろ、「うちの子出るんですか?うれしいですo(^▽^)o」という声の方がはるかに多い。ちっちゃくしか写ってないとがっかりだったり(笑)

教室検索とか見ると、個人情報の保護とかを気にしてなのか、わざとぼやけた写真や生徒さんが写ってない空の教室の写真しか載せてない教室結構見かけるけど・・・

あれじゃリアルな教室の様子が伝わらないと思います。

HPで一番大事なことは、かっこいいデザインとかじゃなくて、とにかく「見に来た人が欲しい情報がそこにわかりやすく載っていること」ですよね?
だから私は、実際教室にきて、まるでそこで見学しているような気分になれる・・・そんなリアル感満載のページを目指して更新しています。

「今、HP見てるんですけど・・・」そういう電話の問合せがなんと増えたことか、、、

スマホやタブレットって、人の文化や習慣をも変えましたよね。すごいな・・・
ついていけるようがんばります(笑)