幼児向け知育アプリ~モノイズ~

こんにちは!ものすごく久しぶりの投稿となってしまいました(;^ω^)
年度末のバタバタも一段落し、ちょっとホッとしています(o^―^o)

最近、私の義理の両親が、スマホに乗り換えました!
最初はチンプンカンプンだったようですが、今ではLINEも使えるようになり、親子三代のLINEグループで、日々の画像や会話を楽しめるまでになりました!
80代でLINE!すごい時代ですね!!

スマホやタブレットはもはや若い世代の者ではなく、1歳ぐらいの乳幼児から戦前生まれの高齢者にまで普及したということですよね。

私も仕事で、お迎え待ちの幼児さんや、面談に乳幼児の方を連れて来られた場合、保護者の方とゆっくりお話するため、お子さまを飽きさせない手段としてタブレットは非常に重宝しています。

最近は無料アプリも「これで無料??」と思えるようなクオリティの高さで、驚きの連続@@

そんな中、今日は私が特に気に入っている、幼児向け知育アプリをいくつかご紹介したいと思います。
モノイズ(monois)というメーカーのアプリが個人的に大好きなので、全部モノイズ製です(笑)

 

◆1つめは「わくわく車ランド」

指でなぞるだけで道ができたり、車が走ったり、タップすると標識がでてきたり・・・
とにかく1歳の子でも楽しめる。
下にご兄弟のいらっしゃる親御さんたちに、画期的なアプリです。
お父様がかなり本気で楽しんでいる光景も(笑)

幼児向けなのに、なぜか高学年男子もお気に入り。なんでも頭使ったあと、ちょっとやるとリフレッシュできるとか。

 

◆2つ目は「ピタゴラン」

自分で作った道に、あれこれ装置をつけて、ドミノ倒しをやるシュミレーションゲーム。

発想や予測する力がつくし、とにかく楽しい。
モノイズのアプリ全体に言えることですが、色味がキレイなんですよね~
ドイツのおもちゃっぽい色合いがいい。

こちらも小学生も学習後の短時間リフレッシュに大人気。(特に男子)

 

◆3つ目は「折り紙ちょきちょき」

折り紙を折って切って開くというシュミレーション。

四つ折り、八つ折りだけでなく、12個折りもあるのがなかなかいい。(実際の折り紙では難しいので)
開いた時の形を想像する力がつくし、学研の「ちえ」の発展版のような感じでなかなかいいです。

最後にできた形が雪のように降ってきたり、花火のようになったりするアニメも癒されるし、背景の色を変えられたり、色も美しい。

 

幼児向け知育アプリは五万とあるけど、このモノイズのアプりは、なんというか、芸術性もあって、創造的で・・・

💛ものすごく私の好みです💛

 

オフラインで動くのも魅力的。
オフラインなら広告も出ないから、あちこち別の画面に飛ぶこともないし、安全ですよね~

 

モノイスさん、ぜひこれからもステキなアプリを創ってほしいと思います(^_-)-☆

 

 

 

 

ハロウィン・クイズ

年々盛り上がりを見せるハロウィン🎃・・・すでに我が子も社会人の私には仮装など全く無縁のものですし、何かとイベントの多いうちの学研教室でも、これまでハロウィンのイベントは何もやっていなかったのですが・・・

今年はこんなクイズをやってみました(o^―^o)

去年、尊敬する先生がやっていたクイズのパクリですが(笑)

↑のディスプレイ用のカボチャは花屋さんで購入(100円)
ディスプレイ用のカボチャって最近では近所の花屋さんで売っているんですね@@

重さって結構難しいので目安のヒントを掲示

10月上旬から投票用紙と投票箱を置いておいたけど・・・

 

予想以上の盛り上がり(*´▽`*)

みんな来室するたびにカボチゃを手に持って・・・

 

シンプルだけどかわいくて楽しいクイズでした。

 

結果は、軽い予想が多かったな。

でも1gちがいも2人いて@@

 

賞品をあげました(^_-)-☆

来年もぜひやろうと思います。

 

これだけ大ブームになると、やっぱり流されるわけで・・・

全員にクッキー一枚ぐらいはあげようかと

クリスマス会のゲームで使った100均のカゴもちょっとシールを貼るだけでかわいくなるもんだ💛

シールも100均だけどなかなかかわいい!

この100均のシールフレークもなかなかかわいかった(#^^#)

コンビニ行ってもうっかり

結構うっかりいろいろ買ってしまいました(笑)

で、なんで買っちゃうのかな~って考えてみると・・・

たぶん・・・単純になんか楽しいから。

物の購入に限らず、習い事とか塾とか始めるきっかけも、いろいろ言っても要は通う本人が体験して楽しかったから、ってことに尽きるんだろうな。

先生が明るくて、はつらつとしてて・・・

学習してて楽しい☆彡

 

この原点、常に忘れずに楽しくがんばろうと思います(o^―^o)

 

ネプリーグ

かなり久しぶりのblogです。シルバーウィーク、皆さまいかがお過ごしですか?
突然ですが、本日(9/19)19時からフジテレビで放映された「ネプリーグ」で、うちの教室の画像が使われました(⌒∇⌒)

音読ルームという小学校や中学校の教科書を音読するコーナーなのですが、
中学校の理科の教科書の音読で・・・

という問題で、↑の糸が振動している画像、ここアップ!

お!!だいぶ見えてきた!もうちょいアップ!!

見えます?見えます??

ちゃんと「提供:学研王子教室」ってクレジットついてる\(^o^)/

うちの教室でやっている「科学実験教室」のHP画像がフジTVの番組制作者が検索していたYAHOO画像に引っかかり、教室に電話問い合わせ→元データが欲しい→10年以上前の画像でもはや元データ紛失💦→最近の画像で似たようなものはないか→簡単に再現可能な画像だったので実験教室の合間にアシスタントに協力してもらい撮影→フジTVに送信→本日放映

ってこんな感じです(;^ω^)

ちなみに撮影したのは一昨日(9/17)で放映は今日(9/19)@@

メディア業界ってものすごくせわしいんですね💦
この業界からみたら私が身を置いてる教育サービス業界なんてなんてのんびりしてることか(^^)

なんかひょんなことから放送業界に貢献できた気がして、楽しい体験でした(#^^#)

HPリニューアル

学研王子教室のHPをリニューアルしました!

旧HPを作ったのはなんと今から17年ぐらい前です。当時はまだ、自宅がインターネットに繋がっていない、携帯電話を持っていない方も多くいた時代です。

学研のHPも当時はまだ教室検索なども当然なく・・・でもHPは「怪しげなことをしてないよ!」ということをアピールする上でも、いわば「ステータス」だと思っていた私は、オリジナルHPを作成しました。

HTMLはわからない人なので、当時マイクロソフトから発売されていた「FrontPage」というHP作成ソフトを使って作成しました。今みると、なんともレトロなデザイン(笑)

前々から、このHPを「ひとみ先生のおたすけショップ」同様、ホームページビルダーWordPress形式のHPにリニューアルしたい!と思っていたのですが、長年にわたって少しずつページや画像を増やしていった旧HPを作り直す労力を考えると、ついつい後回しになってしまい、月1での教室だよりや教室スケジュール、イベント等の更新だけちょこちょこと行っていました。(17年間、毎月更新してたのは我ながらえらいと思うけどw)

 

・・・が・・・

最近パソコンが壊れました💦
Cドライブの中身が消しても消しても増えていくというなんとも不可解な現象で、原因はわからないのですが、とにかくCドライブの容量がないので、何も動かない(-_-;)

で、パソコンを買い換えて、セットアップ→OfficeやWindows Mailなど入れて徐々に環境を作っていったのですが・・・

FrontPageがうまく入らない(;´・ω・)
マイクロソフトのサポートセンターに問い合わせたところ、2009年にサポートそのものが終了したとのこと・・・すでに7年前(;^ω^)

そういうわけで、決心しました!

この機会に学研のHPをリニューアルしよう!!

で、ここ数週間、かなり夜更かしでした。一度始めちゃうとね、結構やめられなくて(笑)
まだ作成中のページもありますが、基本的な部分は完成!

トップページにフォトモーション入れてみた!

キーワード検索もできるし↑ スマホ対応で見やすいし↑↑ ニュースはいつでもどこでも、PCでもスマホでも更新できるし↑↑↑
ブログ機能も作れるけど、ほとんど更新しないからブロクは「おたすけ」の方だけでいいや(^^;

Word Press、やっぱり便利だ!まだまだ謎も多いけどw

なんかひとつやり遂げた感じ←大げさw

今後はこの新作HPにいろいろアップしていこうと思います(*^▽^*)

 

 

 

 

 

One Hundred Club

6月1日、目黒雅叙園にて、学研最優秀指導者の会(One Hundred Club)の集まりがありました。

学研の代表によるご挨拶のあと、会員数全国トップの指導者の基調講演、グループディスカッション、懇親会と盛りだくさんな内容でした。

全国の最優秀指導者が一同に会するとあって、そのパワーといったら凄まじい(笑)
本当に超濃厚な一日でした。

それぞれの地域性があるので、地方の先生方のやり方が東京ではあまりフィットしないものもありますが・・・
そういう細かいことはともかく、やっぱり今は個性の時代なんだなあ・・・と改めて感じました。

優秀な先生方は個性的な方が多く、そのパワー、熱気、半端ないです!

百貨店や総合スーパーが伸び悩み、「○○は□□で買う」という専門店での買い物が主流となっているように、フランチャイズの学習塾であっても、それそれの指導者の目指すもの、個性、熱意が本当に経営の重要なポイントになっているんだなぁと実感しました。

元経産省の岸先生が以前TVでこれからは「オタクとヤンキーが成功する時代」とおっしゃっていましたが、

オタク=ひとつのことをとことん突き詰める
ヤンキー=ふつう人がやらないことを思い切ってやってしまう

これ、2つとも、今回の会に参加された指導者には当てはまるような気がします。

結構、みなさん自分のこだわりが強いし、自分で教室建てちゃうとか、毎日複数の教室を高速使って車で移動とか・・・
ふつうあまりやらないですよね(笑)

まあ、私も結構オタクですし、あんまり人がやらないこともやってみますし、いろいろ自分のこだわりが強いですけどね(笑)

記念品として粋なものをいただきました。

これ、本じゃないですよ!右上に注目!

「特別ふろく号」かわら(せんべい)版

そう、瓦せんべいなんです(笑)

なかなかしゃれてますよね~
アシスタントに配りたいと思います!(^^)!

裏面もこんな感じ。非常に懐かしいです💛

もうひとつはクリスタルガラス製の盾☆彡

重厚感もあり、名前入り💛

「教室の目立つところにぜひ飾ってください」とのことでしたが、幼児・低学年が圧倒的に多い当教室
入り口に置いてある教室くんのぬいぐるみも時々パンチをくらったり、お迎えの未就園児さんたちのおもちゃになっているので、ちょっと恐ろしくて飾れません。

個人面談や教室カフェの際に、お披露目したいと思います。

来年もこの会に参加できるよう、日々一生懸命、そして楽しく教室運営していきたいと思います(⌒∇⌒)

 

 

屋形船ランチ

昨年のランチクルーズに続き、今年の夏のご褒美は屋形船でのランチでした(^-^)

お弁当はボリュームたっぷり!

屋形船、実は初体験(^-^)

去年に引き続き、今年も天候に恵まれましたo(^o^)o

今年はビンゴで全員に豪華な賞品付き!
去年よりレベルアップしてる(笑)

来年もご招待していただけるよう、日々がんばりたいと思います♫

 

 

 

発音おたすけボードの購入者

ヤフーショッピングで発音おたすけボードを売り始めてかれこれ5か月ぐらい経ちました。
購入くださいました皆様、ありがとうございます。

こんなニッチな商品ですが、結構いろいろな分野の方からの購入があります。

個人はもちろんのこと、
日本語学校・小学校・病院など・・・結構法人の購入もあります。
法人の場合はヤフーからではなく、HPのご注文方法からFAX注文書をダウンロードしての購入が多いです。

今どきFAXで注文して、現金振込なんて面倒で必要ないかなぁ・・・と思っていましたが

案外ニーズがあるようです(^-^)

HPのアクセス解析を見ると、どこから私のHPに飛んできたかわかるんですが、
私の友人のブログからのアクセスが結構あります!

彼女、以前一緒に仕事したこともある日本語教師なんですが、
そうそう、自身のブログでこの発音おたすけボードを宣伝してくれたんですよね~♡
サンキュ~(^_-)-☆

あと最近、購入者の方がブログにこの発音おたすけボードのことを書いているのを偶然見つけました!

うれしかったので、ちょっとここに残しておきたいです。勝手にコピペしてすみませんm(__)m

音声学の授業ツールとして,歯や舌の動きが分かる口腔断面図を立体化したものがほしいと思っていました。
ネットで探しところ,上あごと下あごを動かすことができるマグネットの断面図を見つけました。
「ひとみ先生の発音お助けボード」
もう少しマグネットに厚みがあると動かしやすいのですが,それでも可動式なので,教科書の図よりリアルですが,ビデオの
(口アップの)なまなましさはないので,ちょうどよい感じです。
ちなみにこのボードには,舌のマグネットはついていません。
音に応じて,付属の赤マジックで描くことになっています。
舌の描き方が載っている付属の発音解説冊子があり,これもコンパクトながら参考になります。
後期の授業ではしっかり活用していきたいと思います。

高校あたりの英語の先生なんでしょうか。
「もう少しマグネットに厚みがあると動かしやすい」
・・・なるほどなるほど、確かにそうです。厚くするとコストがかかっちゃうけど(笑)

「ビデオの(口アップの)なまなましさはないので,ちょうどよい感じです。」
・・・うっ可笑しい ヽミ ´∀`ミノ<  そういうものなのか。
たしかに生々しすぎると、生徒は「キモイ」と騒いで真面目に授業聞かないかもね。

いろいろな現場で、それぞれのニーズに合わせて、少しでもお役に立てれば。大変光栄に思います。

 

北区学研教室合同イベント「あつまれ きたくっこ!」

先週の土曜日、ついに北区の学研教室の指導者主催の幼児対象イベントが開催されました!

   

この企画が持ち上がったのは、今年の2月。
人気の北とぴあの会議室を、抽選会に行って予約したのは3月初め。

・・・あれから実に半年・・・

ついに実現できました!(*’▽’*)♪

日々の教室運営の合間に、ホント、皆、よく準備したな!←と自分で自分を褒めてみる(笑)

ゲームやクイズはすべて指導者が企画(^-^)

忙しかったので、写真がほとんどないのですが、準備中の写真をちょっと公開します。

◆もじブース

◆かずブース:

◆えいごブース

えいごブースは、華やかでカワイイ♡

こちらはゲームのあとのお楽しみ・・・抽選会

本社のスタッフがステキな賞品をたくさん提供してくださいましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
あと応援も・・・本当にありがとうございます!

当日はたくさんの幼児の皆様と保護者の方々がご来場くださいました。
幼児の皆様から「すっごくたのしかった!」
との感想を多数いただき、本当に嬉しいかぎりです(*^_^*)

指導者同士の結束も固まり、元気にもなったし、とってもいいイベントでした。

ところで・・・

昨日Facebookで、私の大好きな藤村先生のブログを拝見しましたが、
毎度のことながら、「そうそう、まさにそのとおり」と頷きながら読んでしまった(*^_^*)

今の時代って本当に情報が溢れすぎていて、だから逆に何でどうやって選んでいいかわからなくて、
企業が不特定多数に発信する情報は、スルーされるんですよね・・・
でも、特定の個人が発信する情報には、友人や知り合いが注目する。

今回のイベントも、まさにそんな感じでした。

学研教室のイベントでしたが、学研という「企業」が主催するのではなく、
北区の学研の先生たちという「個人」が、教室の会員や、そのご兄弟や、お友だちにまず情報発信して、
教室近くの幼稚園や保育園の前で情報発信して・・・
実際来場してくださった皆様に、「学研教室は、こんなに優しくて(?笑)幼児さんの指導に慣れている先生ばかりなんです」
という、それぞれの指導者の「ありのまま」の様子を体験していただく・・・

顔の見えない情報が多すぎる時代だからこそ、顔の見える、生の声の聞こえる、
こういうイベントって、安心感とか好感とかに繋がるんだと思います、というかそう信じています。

何しろ初めての企画だったので、いろいろ今後の課題もありますが、
自分自身、本当によい経験になりました。

昔っからずっと、時代がどんなに移り変わろうとも
一番大切なのは「人と人との信頼関係」だって思っていますが、
ここ数年、特に実感します。
信頼関係を築くためには、まず、こちら側がありのままの姿を自己開示しなくちゃね!
ジョハリの窓の開放の窓MAXで:笑)

物も情報も多すぎると、こういう一番基本的な当たり前のことを築くことが
どんどん難しくなっていくのかもしれませんね・・・

数検グランプリ

昨年受検した卒塾生が「数検グランプリ・金賞」を受賞しました!

かれこれ15年ぐらい、数学検定を毎年実施しているのですが、このグランプリで受賞したのは今回で2人目です。

どういう基準で選考されるのかよくわからないのですが、継続して受検していることや、毎回高得点であることなどが、選考基準のようです。

前回は↑の賞状とともに、すごく立派なメダルが送られてきました。

今回もこのメダルが来るのか・・・と楽しみにしていましたが、今回は図書カードでした(^-^)

数検・・・昔はマイナーだったけど、最近はパンフレットも見やすくなり、幼児対象の「かず・かたち検定」なども新設され、ずいぶんよくなりました。

私の教室では、最近、どんどん受検者が増えています。幼児も多数。

今年も全員合格を願っています・・・